ディストリビューターの在庫管理について課題は?対策についてご紹介

2022.10.07
SIMLESソリューション
  • ZAIKO control

在庫切れや過剰在庫を防ぐために、小売業者としてしっかり取り組む必要があるのが在庫管理です。
お客様が「買いたい!」と購買意欲を持っているのに、「売り切れ」となっていると機会損失に繋がり、
せっかく生まれた商品に対する興味も軽減してしまいます。
反対に全く売れない商品を必要以上に仕入れてしまうと、原価回収ができずに、商品を廃棄せざるを得なくなります。在庫管理は常に小売業の大きな課題となっています。

この記事では在庫管理を効率化したいディストリビューターに向けて、在庫管理の基本知識と課題に対する解決策をまとめています。

在庫管理の課題とは

在庫管理とは?方法は?

「在庫」とはいったい何なのでしょうか?

まずは、正確な意味の理解が必要です。単にお客様に販売する物が「在庫」とは限らないのです。
後に現金化される可能性があるものを総じて在庫といい、保管・所有しているものすべてが当てはまります。小売業では、販売可能な完成品を指しますが、製造業では、部品や原材料、仕掛品などが在庫となります。

そして「在庫管理」とは、製造業では最適な状態・量を小売業へ供給できるよう管理し、小売業ではお客様へ販売するため、適切な場所で適切な数の在庫を管理することをいいます。
在庫の数や状態を正確に把握管理することで、企業にとっては利益につながる資産になる為、在庫管理を行うことは会社の利益を獲得するうえで、欠かせない取り組みの一つといえるでしょう。

とはいえ、在庫管理を行う際、店舗配分のタイミングや数量管理はとても難しく、悩んだことがある方は多いのではないでしょうか?

在庫管理の効率を上げるためには、在庫管理の基本と課題を認識することが大切です。まず小売業者の在庫管理の目標は適正な店舗・倉庫で適正な在庫数を保有することです。それにより無駄な保管コストを発生させない、逆に在庫が不足し機会損失を起こさせないことが重要です。
これらを起させないために必要なときに必要な場所へ必要な量を提供できるよう、「適正在庫」を維持させるのです。

適正在庫を保つことは企業の利益にも大きく繋がります。

ディストリビューターとは?

発注した在庫を「適正な場所」へ「適正な在庫数」分配する仕事をするのが「ディストリビューター(DB)」の仕事です。 1つのブランドで複数店舗を展開している場合、同じブランド名を掲げていてもショップの規模や形態はさまざまで、店舗により売れる商品や売上額も異なります。

そのため、店舗の特色に合わせて商品を各店舗へ送る必要があります。また、店舗に商品を投入してからも随時、売れ行きや在庫状況を把握して在庫の店舗間移動を指示したりするのも重要な仕事の1つです。

在庫管理とディストリビューターの課題は?

倉庫

複数店舗、多くの商品数を適切な場所へ適切な数を配分するディストリビューターの課題としてよく声が上がるのが以下の3つです。

①Excelによるアナログ運用で属人的業務となり店舗別・商品別の配分精度が低い

店舗1つ1つの特徴や売れ筋を把握して、それぞれの商品の色やサイズの枚数を倉庫から店舗へ振り分ける必要があり、適した配分をする為には、店舗別の実績把握が必要となる為、多くのDBはExcelシートで個別管理をしています。
Excelシートでの管理は、人為的ミスにも繋がるリスクもあり、情報が煩雑になりがちです。

②輸送効率まで考慮した移動がしきれず、滞留と欠品の併存が放置状態となる

店舗間で在庫を移動させ、売り逃しや売り残しを防ぐのもディストリビューター(DB)の仕事です。 店舗から店舗への在庫移動には当たり前ですが常に輸送コストががかります。
この輸送コストも考慮した上できめ細かく在庫移動させるのは至難の業です。
売上は増え、輸送コストが大きくなってしまえば利益が出なくなってしまいます。
輸送費も考慮したきめ細かい移動による在庫圧縮ができていない事業者が多いです。

③早期に低いオフ率で高換金での消化を促進しきれず、高いオフ率でタタキ売りをする

低いオフ率で消化しきれずシーズンエンドまで引っ張ってしまい、結果手じまいを急ぐあまり、消化優先で高いオフ率で粗利を大きく落とす戦い方となっていませんか。
オフ率の設計に関しても、品番数が多いなどの理由で品番単位でのきめ細やかな設計をやり切れず、投入毎の固まりでのOFF率設計となり戦略的な判断が出来ていないというような、個々個人の属人的な判断業務も課題となっています。

在庫管理の課題まとめ

各店舗への在庫の配分精度課題による在庫ロス

機会ロス ・滞留店から欠品店への在庫の移動不足による在庫ロス

機会ロス ・マークダウン精度課題による在庫ロス・機会ロス

在庫管理の課題は自動化システムで解決「SIMLES – ZAIKO control」

システム化により、そもそも在庫ロス・機会ロスが発生しない仕組みを構築することで、多くの課題を解決できます。 在庫管理システムとは、在庫の集計や管理などを機械的に行うシステムのことで、在庫管理システムを導入・運用して、効率的な在庫管理を行えるようになります。

今回ご紹介する「SIMLES – ZAIKO control」を導入することで、在庫の配分・移動・売価変更を高い精度で自動化し、在庫ロス圧縮・粗利を拡大できます。 店舗別×商品別の数十万通りの組み合わせを自動で分析し、店舗別・商品別の最適な初回配分・追加配分に加え、輸送費も考慮し滞留店から欠品店への機動的な在庫移動を“人”がやるよりもきめ細かく高い精度で自動化して適切な処理をすることが可能です。

SIMLES – ZAIKO controlでなにができる?

アナログかつ属人的で、時間効率も低く、精度もバラつきがちな在庫の店舗・ECへの配分と売価変更業務をデータ一元化、配分枚数・売価変更の自動算出、業務実行まで数クリックで完結し、高精度かつ短時間で行うことができるようになります。

以下の項目がシステムで推奨値を自動計算し、数クリックで実行することが可能です。 

①初回配分
店舗枚の商品売上構成、販売力に合わせて店舗毎・商品毎の配分量
②追加補充
店舗毎の売上と在庫状況に合わせて店舗毎に追加すべきSKU・量
③店舗間移動・集約
店舗毎の売上と在庫状況に合わせて店舗間移動・集約すべきSKU・量
④売価変更・換金
SKU別の売上と残在庫状況や展開週数及び残販売期間から売価変更するべきSKU・売価
⑤最終消化
販売掛率と換金状況からアウトレット・催事等で最終消化に向け返送・移動すべきSKU・量

SIMLES – ZAIKO control導入のメリット

ディストリビューター(DB)の業務が今までやりきれなかった高い業務精度で少ない時間と人数で実現可能となります。
工数削減に加え、粗利益最大化することが可能です。 

今回は在庫管理の課題に対する対応策についてご紹介しました。 在庫は会社の利益に繋がるものであり、在庫管理は売上に関わる重要な業務です。 効率的に在庫管理を行うには様々な方法がありますが、中でも今回ご紹介させて頂いた「SIMLES – ZAIKO control」の導入がおすすめです。

「SIMLES – ZAIKO control」については多数資料をご用意しておりますのでぜひご覧ください。

「SIMLES – ZAIKO control」ご紹介ページ
「SIMLES」ソリューションの資料DL

 

最大150万円! IT導入補助金を相談する

経済産業省が推進する「IT導入補助金2022」におけるIT導入支援事業者として採択されるとともに、「SIMLES – ZAIKO control」が補助金の交付対象となるITツールに登録されました(A類型)。
中小企業・小規模事業者等が「SIMLES – ZAIKO control」を新規導入する場合、導入にかかる費用の一部(30万円~150万円未満)が国から補助されます(所定の審査あり)。

IT導入補助金をご検討の方は是非お問合せください。

補助金を活用した「SIMLES」導入についてのお問合わせ

 

SIMLES(シムレス)についてさらに詳しく知りたい方は、詳細資料がダウンロード出来ます。